ダイエットを成功する方法!その1


089205

 

こんにちは♪トータルサロン「ピエロ」の柏原です。^^

ダイエット・・・皆さんの永遠のテーマではないでしょうか?

私も、流行り物をいろいろやりました。^^;

リンゴダイエット

パイナップルダイエット

プロテインダイエット

卵ダイエット

45分入浴法

置き換えダイエット

炭水化物抜きダイエット

こんにゃくダイエット

ココアダイエット

ところてんダイエット・・・

その時の情報に飛びついては、リバウンド!!

逆に、痩せにくい体を自分で作っていました。^^;

今では、ベスト体重を6年以上キープしています。

食べても、太りにくい体を作ることができました。^^

その方法を、お伝えしようと思います。

女性は、生理周期で体が変わるので、それをうまく活用するのです。

痩せやすい時期、太りやすい時期があるのです。

太りやすい時期にダイエットをスタートしても、無駄ですよね?

でも、この方法は健康な方という前提があります。

今病気中の方や生理周期が大幅に乱れている方

(25日~35日より生理が早かったり遅かったりする方)

一ヶ月に10キロ以上痩せたいという方は、無理です。

以上のような方は、ダイエットより先に健康な体を作ることをお勧めします。

ダイエットとは、痩せれば良いものではありません!

健康に生き生きと毎日を生活するためのものです。

健康なくして、美はないのです!

サロンのお客様にも、そのことは徹底しています。

ただ、痩せれば良いという方には、他のサロンに行っていただくようにしています。

リバウンドしたり、健康を害するようでは、意味がないからです。

では、一ヶ月に何キロまでなら痩せても、リバウンドなく健康でいられるのか?

現在の体重×5%=1ヶ月に健康的に痩せる体重

一ヶ月に10キロ以上痩せたいという方は、目先の目標か一生痩せ体質を手に入れるのか?ということを、考えていただきたい。

現在の体重×5%以上のダイエットをすると、筋肉の質は落ち、衰え、内臓も痩せて栄養吸収できなくなり、ホルモンバランスは乱れ、肌や髪のツヤはなくなり、運気も当然落ちます。

それに、続きません!と、いうことはリバウンドします。

これって、何か良いことありますか?

女性は、生理周期で体の内も外も変化が激しい。

これを利用して、痩せやすい体をゲットしませんか?

生理痛があるのが、普通だと思っている方が多いようですが、これは子宮の血流が悪い証拠!

瘀血です。

瘀血の人は、体が冷えています。

生理初日は、

①葉酸が貧血を予防してくれるので、青汁などを飲みましょう。

②食欲も落ち着いてきます。無理に3食食べる必要はありません。

③激しい運動などは避けましょう。

④ガードルなど、子宮を締め付けるものは、血流が悪くなるのでやめましょう。

⑤イライラも落ち着いてきます。この時に、カフェインは控えましょう。

初日は、体が切り替わる時でもあるので、ゆっくりリラックス!を心がけてくださいね!

的確なアドバイスと理想的な体型を維持しながら痩せたい方は、こちらのメニューをお試しください!!>>