どうして教えてくれなかったの?


475fd150f1f084191596dbe77f61fb62_w

お客様からこんな言葉が・・・ :lol: 

「どうして今まで教えてくれなかったの?」 :-( 

この言葉は、私にとって衝撃的な言葉でした!! 8-O

 

 475fd150f1f084191596dbe77f61fb62_w

お客様にとって必要な商品の説明は、必ずさせていただいています。

しかし、言った方は「毎回いうと、しつこいと思われるだろうな・・」とか、

「物売りのようになると、お客様も来にくくなるだろうな・・・」とか思って、

一度言ったことは、何回もしつこく言わないようにしていました。

 

しかし・・・・

聞いている方は、聞いていない!! 8-O 

そして、「聞いたことない」  「なぜ今まで教えてくれなかったの?」  となる。

 

そこで気付きました!!

 

人って、聞いてないんだ・・・ 私が思うほど、気にしていないんだ~~~! という事が解りました。

 

と、なると皆さんに何度も同じことを言えばよいのかというと、そうではありませんよね?!

お客様によっては、施術だけを受ければいいと思っていらっしゃる方もいれば、

施術と今の状態を改善したいと思っている方もいれば、

この体にならないように根本改善をしたいと思っている方がいらっしゃるはずです。

この3タイプの方に、同じようなカウンセリングやアドバイスはできません。

 

聞きたくない人には、鬱陶しい話になり、聞きたい人には何度でも言って欲しい話になります。

そこの見分け方を間違うと・・・アウト!! :evil:   コミュニケーションも取れなくなります。

 

なかなか自分の事を話したがらない方もいれば、何でも話してくださる方もいます。

勝手に、こちらがお客様を判断してはいけない場合があります。

 

本当はアドバイスが欲しいのに、買わされる、売りつけられるという思いから、素直なことが言えない方もいます。

ですから、私はお客様にお聞きします。

どれを望んで、サロンにいらっしゃったのか・・・ :-) 

 

気付く、知ることからすべては始まると思います。

どんなにいい旅館があっても、その旅館の事を知らなければ、何もできません。

知るから、調べたり、旅行の計画を立てたり、行ってみることができるのです。

 

カラダやお肌の事もそうです。

気付くから、どうにかしようと思う。

 

知るから、改善の方法が解る。

 

それをわかりやすくお伝えするのが、私たちの志事だと思っています。

 

今回のお客様のお言葉により、私も気づくことが出来ました。

勝手に自分で判断せずに、相手に聞く素直な気持ちを持とうと思います。

 

ホームページ&予約はこちらから>>>

お問合せ